ブログトップ
yossanのひょっこりブロッコリー
yossssan.exblog.jp
京都の展覧会めぐり - 京都メリーゴーランドさん -
今日は2回にわけてブログかいてます。
の2回目。

メリーゴーランドKYOTOさんでの講演会を見に行ってきました。
http://ddnavi.com/news/51547/

________________________________________________


c0067687_1465136.jpg



内容

『100万回生きたねこ』で知られる、作家・佐野洋子の展覧会が
京都のギャラリー・メリーゴーランドで開催される。


「佐野洋子の本屋 京都店」と題されて行われるこの展覧会では、
絵の展示のほか、絵本やエッセイなども同時に販売されており
その場で購入が可能。

期間中には、佐野氏の長男で画家の広瀬弦氏と
同ギャラリーの店主・増田喜昭氏のトークイベントも
開催される。

<展覧会概要>
「佐野洋子の本屋 京都店」
・会場:メリーゴーランドKYOTO(京都市下京区)
・期間:4月27日(金)~5月9日(水)
・時間:10:00~19:00 ※最終日17:00閉店
・入場無料
・問合せ:オフィス・ジロチョー TEL 03-3392-3678

●ギャラリートーク
・日時:4月29日(日) 18:00~19:30
・ゲスト:広瀬弦、増田喜昭(メリーゴーランド店主)
・定員:15名
・入場料:1500円
・問合せ:メリーゴーランドKYOTO TEL 075-352-5408

________________________________________________


最近のブログでしつこくかいておりますがもう一度、
小さいときに佐野洋子さんのかいた

「だってだってのおばあさん」

c0067687_1504542.jpg



が、ものすごく好きで何回も何回も
おかあさんによんでもらっていました。

ある日、絵本の中に、おばあさんが家の外にいつも
おいていた椅子が最後の方になくなっている事にきづき
気になってしょうがなくなりました。

絵本の事に熱心な私のおかあさんが
佐野洋子さんにおたよりをだしてくれました。

そしたら嬉しい事におたよりのお返事が。

「椅子は雨が降ったので家の中にしまったので
外においていないのですよ」

というような内容でした。


私はうわーー!っと、
おたよりのお返事がかえってきたことと、
絵本をかいている人がいるという事が嬉しくなり
絵本の世界と現実の世界が一気につながりました。
絵本はかたちだけでなくて人がつくっているもの。
多分おかあさんが説明してくれたのだとおもいますが
感激の嵐でした。


おかあさんと一緒に絵本をつくったり
一人で絵本をつくっておかあさんにプレゼントしたり
田島 征彦さんのよみきかせをみにいったり
おかあさんがつくった絵本をよんだり
こどもの頃に、絵本にふれあう機会と共に
絵本をつくっている人がいるということを
理解するのに充分な経験を
たくさんさせてもらいました。

そして自然なながれで絵本作家になりたいという
気持ちがつよくなりました。


今回は未熟ながらも
自費出版の絵本をつくって
はじめて自分のおもいにきづきました。

以前のブログ(2012年の2月のブログ)
http://yossssan.exblog.jp/17522018/


はずかしながらも
佐野さんの亡くなったことを
ブログでかいていたようなきっかけで知ったわけですが、
今回の絵本「想いのとどくノートブック」で
知ることができたわけです。


そして偶然レティシア書房さんで
初出版の絵本原画展させていただく事になり
そしてメリーゴーランド京都展の店長さんの
ウクレレライブを開催していただけるながれになり
メリーゴーランドさんで
佐野洋子さんの展覧会が開催される事を知り
ウクレレライブお願いしますというご挨拶の時に
息子さんの広瀬弦さんの講演会に申し込み…という流れです。

さらにレティシア書房の店長さんは
昔に本屋の店長さんをしている時に、
メリーゴーランド店主の増田喜昭さんの
本を読んですごくよい影響になったと
最近展覧会の当番中にお伺いしてて
どんな方か気になるし、本も読んでみたいと
おもっていたら今日お会いできて
本もご本人がいらっしゃる前で購入できたわけです。

つらつら文章かいてますが伝わるかなー。


__


本題の講演会。


広瀬弦さんと増田喜昭さんのお人柄があらわれる
楽しいトークでした。

飾らない人、っていうのは
ああいう方々なんやろうとおもいます。
そのまま居る感じ。

いろんなお話の中で印象に残ったのは
以外とお葬式と死についてのお話でした。

増田店長さんと佐野さんは
ものすごく仲がよかったそうですが
佐野さんお葬式の飾りつけも
弦さんや他の友人の方と行ったそうです。
捧タバコをおこなったり
粋なお話をいろいろお伺いしました。

たくさんお話お伺いしましたが
まちがえた情報はつたえたくないので
これぐらいにしておこう…。


__


弦さんにも昔佐野洋子さんに
お手紙だした事お伝えできました。
質問コーナーがあったので
質問しましたがわけのわからない質問になった。
考えてから質問するべきですね。


増田喜昭さんに、こわごわ
絵本「想いのとどくノートブック」
ご覧いただきました。

今までご覧頂いた方と
また全く違うご意見をいただきました。
厳しいご指摘には変わりませんが
すごく勉強になりました。
この機会に沢山のご意見をいただくべきですね。

今回の展覧会や持ち歩いていただいたご意見は
一旦ノートにかきとめておかないと。
多分いつか、あーこんな初歩的な事で
悩んでたんやという振り返る時期に
客観的にみれる日が来るはず。

また絵本できたら見せて下さいねと
おっしゃっていただけたので。是非ともです!

__


鈴木店長さんにお食事をさそっていただき
増田喜昭さんや広瀬弦さんや
スタッフの方々とゆうりちゃんや
お久しぶりにお会いした
お名前だしてよいかな?あのかたと
みなさんでわいわいご飯会になりました。


いろんなお話をお伺いする。
うかつに人の話はかけない。
これまた記憶でたのしみます。


増田店長さんに絵本のつくりかたについて
もう一度お伺いしました。
こういう貴重な機会はのがせません。


増田店長さんが、広瀬弦さんに
弦さんご自身の展覧会をみたいと
講演会ですごくおしてはったので
私も見たい、見たい、近くでみたい。
と強くおもったので思わず
是非尾賀商店さんで開催を。
と強くおしてしまいました。
またもや自分勝手な話です。
でも名刺をお渡しさせていただきましたし
このブログをもしご覧になった時のために。


尾賀商店さんはこちら
http://oga-showten.com/

しつこいかな。


また秋には
メリーゴーランドの三重県の本店で
広瀬弦さんの講演会があるそうですよ。

まだみぬ本店。
今回購入した店長さんの本をしっかり読んでから
お伺いしたいとおもいます。

メリーゴランド本店
http://www.merry-go-round.co.jp/


今度お伺いする機会までに絵本もう一作つくる。



食事のときにちらっとみせていただき
気になったアプリ。


c0067687_32258.jpg



谷川俊太郎氏(文)/広瀬弦氏(絵)の
赤ちゃん絵本『まり』(クレヨンハウス刊)を
iOS向けにアプリ化して販売開始されたそうで。

クラムボンの原田郁子氏が
音やナレーションを担当されているそうで。
ipadもiphoneももっていないので
できない。やってみたいー。

アプリについてはこちら
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1112/05/news071.html



そろそろ携帯も買い替えどきかな。
[PR]
by yossssan | 2012-04-30 02:52
<< 高槻ジャズフェス 京都の展覧会めぐり - 今出川... >>